5、<h1>〜<h6>タグの効果!
ここではh1〜h6タグの効果について説明しています。内職で出来るお小遣い稼ぎサイトのSEO対策として、結構重要です。

HOME SEO対策、アクセスアップ術現在地 5、<h1>〜<h6>タグの効果!

12345678910111213141516171819書籍


 ホームページ運営のSEO対策支援、アクセスアップ術

  現在地 5、<h1>〜<h6>タグの効果!  



 見出し<h1>〜<h6>タグの効果!

SEO対策上、見出しタグ<h1>〜<h6>はタイトルの次に重要な要素です。

ですので、見出しタグ<h1>〜<h6>にもキーワードを入れる必要があります。
(見出しは名詞の羅列ではなく、文章で記述しましょう。名詞での羅列は、検索エンジン側から意図的に上位表示をおこなったとして、スパムの可能性があります。)

特に、見出しタグの(h1・h2・h3)は高く評価されるので、それを意識した見出しを使ったホームページを作りましょう。

尚、<h1>〜<h6>を使うとSEO効果が非常に高いですが、文字の大きさが大きい、改行、間隔が大きいなどの表示上の問題が出てきます。ですが、スタイルシート(CSS)を使った構造にすれば、デザイン上の問題は全て解決できます
自由にホームページデザインが出来るので、是非CSSの知識を所得しておくと便利です。

 CSSの知識は、下記のサイトで詳しく説明していますよ!


とほほのwww入門
HTML、JavaScript、CGI、スタイルシート、ダイナミックHTML、Perl、Cookieなど、ホームページ作成に関する情報を満載した、ちょ〜有名なホームページ作成関連総合情報サイトです。

初めてのホームページ講座
Web作成初心者がWebマスターになるまでの道のりの一例を示すサイトです。シンプルに読みやすいのが特徴的です。

ごく簡単なHTMLの説明
「30分間HTML入門」で基本は十分。って方は参考にどうぞ。30分にしては量が多いような・・・。

注、<h1>タグを<h2>タグより小さくするような機能的に合わないことをすると、スパム扱いの恐れがあるので、注意してください。


下記の表は、私が感じた見出し<h1>〜<h6>タグを使ったときの検索エンジンの上位表示効果です。

このテクニックを使った時と使わない時とではSEO効果がまるで違います。

また、ほとんどのライバルサイトが使っているテクニックですので、必ず見出し<h1>〜<h6>タグは使いましょう。

効果はこんな感じ!
◇◆◇ 方法 効果
1 キーワード文字に<h1>タグを使う
1番効果が高いタグです。しかし、1回以上使ってしまうとスパム扱いされるので、活用は1回だけにしましょう。
★★★★★5つ
2 キーワード文字に<h2〜h3>タグを使う
効果が意外と高いタグです。このタグも連発しすぎると、かえって下落効果につながりますので、バランスよく活用しましょう。
★★★★4つ
3 キーワード文字に<h4〜h6>タグを使う
<h4〜h6>タグは、正直あまり効果が感じられません。サイトのキーワードバランス程度のつもりで使うといいかもしれません。
★1つ

見出し<h1〜h6>タグの使い方は、順番に、また歯抜けにならないよう作成するのが理想的です。

下のような感じで、順番にバランスよくキーワードを入れて設置しましょう。
見出し<h1>
段落の文章<p>

見出し<h2>
段落の文章<p>

見出し<h3>
段落の文章<p>
見出し<h3>
段落の文章<p>

見出し<h2>
段落の文章<p>

見出し<h3>
段落の文章<p>
見出し<h3>
段落の文章<p>

見出し<h2>
段落の文章<p>

見出し<h3>
段落の文章<p>
見出し<h3>
段落の文章<p>

見出し<h2>
段落の文章<p>

見出し<h3>
段落の文章<p>
見出し<h3>
段落の文章<p>

しかし、<h1>→<h3>や<h3>→<h1>に飛ぶような歯抜けは、構造的に好ましくないので気を付けましょう。

そして、見出しとは次の段落のためのものでありますから、段落の文章<p>を忘れないで記述しましょう。 (見出しの直下の段落にキーワードを含めた文章を記述すると、キーワードマッチング上、さらに効果的です。)

これらの見出し<h1>〜<h6>タグの効果は、テキストのみの効果です!!
画像への活用は効果的ではありません!



  上にもどる  





Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。