3、YahooとGoogleの違い
YahooとGoogleの違いについて説明しています。双方の検索エンジンは、開発の歴史、仕組みも違います。違いを知っておくことは重要。

HOME SEO対策、アクセスアップ術現在地 3、YahooとGoogleの違い

12345678910111213141516171819書籍


 ホームページ運営のSEO対策支援、アクセスアップ術

  現在地 3、YahooとGoogleの違い  



 Yahoo(YST)とGoogleの違い

日本では検索エンジンを使う場合、大半の人がYahoo(YST)かGoogleを使って検索しています。

同じロボット系の検索エンジンですが、検索結果はそれぞれ違った結果が返ってきます。

それもそのはず、双方の検索エンジンは、開発の歴史、仕組みも違います。

2つの違い、評価されるページの違い、を認識しておくことはとても重要です。

なるべくならば両方からいい評価が得られれば良いんですけどね!


■Yahoo(YST)

Yahoo! JAPANはカテゴリ型とロボット型の二つの特徴を持っています。

・カテゴリ型は、カテゴリの登録サイトを「登録サイト検索結果」に表示します。
・ロボット型は、「ウェブ検索結果」に表示されます。ロボットがサイトを巡回し、データベースに自動的に登録し、アルゴリズム(順位付けルール)によってページを表示します。

特徴として、Googleに比べてサイト内の情報を重視して判定しています。


Yahoo!のウェブ検索のヘルプからもめられる評価基準!
全体 インターネットユーザーが、検索時に使うキーワードを想定し、サイトのタイトルや本文に含めます。
タイトル <titile>を使ってサイトのコンテンツにふさわしいタイトルを付けます。
サイトの説明文 「description」METAタグを使って、サイトの説明文を正確に記載します。興味を引き、かつサイトのコンテンツにふさわしい説明。
キーワード 「keyword」METAタグを使い、ページに関連するキーワードを記載します。ページ固有のキーワードをそれぞれ記載するといい。
リンク サイトページ内には、それぞれの内容に合ったテキストリンクを設置します。
文字列が画像ファイルで表されていると、ロボットが正しく認識できない場合があります。
また、イメージマップで設定されたリンクはロボットが巡回しない場合があります。
すべてのページをロボットが巡回できるようにトップページにサイトマップのリンクを設置すること。
画像 ALTテキストを指定します。
関連ページとのリンク 関連サイトの管理者やコンテンツ提供者を通じて、関連ページとのリンク数を増やします。
ただし、リンク数を増やす目的で関連性のないページとのリンクを増やす行為は「検索エンジンスパム」とみなされるため、表示順位が上がることはありません。

Yahoo!のウェブ検索で効果的な方法!
タイトル キーワードの混入
メタタグ 「keyword」METAタグを使い、ページに関連するキーワードを記載します。ページ固有のキーワードをそれぞれ記載するといい。
少な目の方がいい
全体 インターネットユーザーが、検索時に使うキーワードを想定し、サイトのタイトルや本文に含めます。
他SEOテクニック <h1>〜<h6>、強調<strong>、<em>、キーワードの配置位置、アンカーリンク、リンク数を100以内、ページのデータ量など。
関連サイトとの相互リンク 際も評価されるリンクは、同ジャンルのサイトであり、古参のサイト(2年くらい経過している)からのリンクです。YSTは古いサイトを重要視しているようです。
キーワード%

トップページのキーワードバランスは、5%前後が良いという説と、10%、4%前後が良いという説があります。

4%前後にしておいた方がいいケースが多いです。

それらを調べるためには、キーワード出現頻度解析ツールを使うと簡単にわかります。

内リンクの増大 内部のリンクが多くなればそれだけリンク数が自然と増えるので、効果的です。
大型サイトが上位表示されているのがいい例です。
テーマを絞る サイト内にいくつも違うテーマを入れていると、サイトのキーワードがぼやけてしまいます。1つに特化したサイトがいいです。
有料のSEOサービスを使わない! お金を払って、被リンクを増やすというサービスがありますが、この手のものは複数のサブドメインを使って、多量の評価されない似かよったリンク集を作成しています。スパムの原因にもなりますので、絶対に手を出さないで下さい。検索エンジン側は、スパム業者廃絶に躍起になっているんですから!

■Google

Googleは世界でもっとも人気の高い検索エンジンです。基本的にGoogleは、スパム行為に過剰なSEOです。

Googleの検索結果の表示は、PageRank(0〜10の段階があり、重要度の高いリンクが多いほど評価されます)という独自の評価システムと、ページ内の情報を含む、100 以上もある要因によって自動的に決定されます。

Googleの検索結果で上位に表示されたい場合、通常の順位アップ作業だけでなく、スパムと判定されて順位下落やインデックス削除されるペナルティを回避する手当てをしなければなりません。

Googleのガイドラインからもめられる評価基準!
全体 わかりやすい階層とテキストリンクを持つサイト構造にします。
各ページへは、少なくとも 1 つの静的テキスト リンクからアクセスできるようにします。
サイトマップの作成 サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイト マップを複数のページに分けます。
情報の充実した、役に立つサイトとなるように心掛け、ページのコンテンツを明確、正確に述べるようにします。
キーワード ユーザーが自分のサイトを探すときに入力しそうなキーワードを考慮し、これらの用語がサイトに含まれていることを確認します。
テキスト 重要な名前、コンテンツ、またはリンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用するようにします。これは、Google のクローラが画像に含まれたテキストを認識しないためです。
記載 TITLE タグと ALT タグが、正しく内容を説明していることを確認します
チェック 無効なリンクをチェックし、HTML を修正します。
ダイナミック ページ (URL に "?" が含まれているページなど) を使用する場合、サーチ エンジン クローラによっては、静的ページと同じようにダイナミック ページをクロールするとは限らないことを考慮する必要があります。
パラメータを短くしたり、パラメータの数を少なくすると、クロールされやすくなります。
PageRank PageRankは、Webの膨大なリンク構造を用いて、その特性を生かします。

ページAからページBへのリンクをページAによるページBへの支持投票とみなし、Googleはこの投票数によりそのページの重要性を判断します。
しかしGoogleは単に票数、つまりリンク数を見るだけではなく、票を投じたページについても分析します。「重要度」の高いページによって投じられた票はより高く評価されて、それを受け取ったページを「重要なもの」にしていくのです。


Googleのウェブ検索で効果的な方法!
タイトル キーワードの混入
全体 インターネットユーザーが、検索時に使うキーワードを想定し、サイトのタイトルや本文に含めます。
他SEOテクニック <h1>〜<h6>、強調<strong>、<em>、キーワードの配置位置、アンカーリンク、リンク数を100以内、ページのデータ量など。
関連サイトとの相互リンク Googleのページランクあげのために、ランク4のページ以上からリンクされると評価が得られるという事は有名ですが、Googleはリンクの信頼性、関連性、アンカーテキストの要素を総合して、検索結果に反映されています。ページランクだけ気にしていればいいというわけではありません。
そして、YSTと同じく時間の概念が取り入れられ、古いサイトページを重要視しているようです。
キーワード%

トップページのキーワードバランスは、5%前後が良いという説と、10%、4%前後が良いという説があります。

4%前後にしておいた方がいいケースが多いです。

それらを調べるためには、キーワード出現頻度解析ツールを使うと簡単にわかります。

内リンクの増大 内部のリンクが多くなればそれだけリンク数が自然と増えるので、効果的です。
大型サイトが上位表示されているのがいい例です。


2つの検索エンジンは非常に似通った特徴を持っているともいえます。

が、上位表示を狙うとなると、それぞれに違ったアルゴリズムがあるので、必ずしも検索結果は一致しません。

それぞれどちらかに絞ってとりくんだほうが、いいと思います。

また、検索評価は、SEOテクニックを使って上げたキーワードのアピール力が高すぎるから良いとは限らず、バランスのとれているサイトがいいようです

必ずしもポイントの高いサイトが上位サイトではありませんから。


下記でページ内のキーワードのアピール力を調べる事ができます。

ここ

Su-Jineでは、キーワードの強さを簡単に調べられるツールがありますので使わせてもらって調べてみましょう。

Su-Jineで調べられるページ
自分でやろうSEO (ゼロからのアクセスアップ) > 初心者SEO対策ツール

このキーワードアピール力は、絶対的な要素ではありません。検索エンジンは、サイトのいろいろな要素を総合して評価していますので。

あくまで、バランス調整の感覚で取り組んでください。

そして、自分のサイトの1番いい形を探し出してください。



  上にもどる  





Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。