12、ページのデータ量&ページランク
ホームページのデータ量やページランクについて解説しています。バランスのいいサイトを作って検索エンジンにインデックスされましょう。

HOME SEO対策、アクセスアップ術現在地 12、ページのデータ量&ページランク

12345678910111213141516171819書籍


 ホームページ運営のSEO対策支援、アクセスアップ術

  現在地 12、ページのデータ量&ページランク  



 1ページの適正なデータ量

検索エンジンは、複雑なホームページを避ける傾向にあります。

なぜかと言うと、ロボットはホームページのトップページのデータ量が30キロバイトを超えていると、それ以降のデータを読み取らずに省略して、他へ行ってしまうからです。

よって、1ページのデータ量は出来るだけダイエットしましょう。


データ増量の原因としては、複雑な構成でテーブル要素を頻繁に使っていったり、Jaba Script、リンクの多すぎ、画像ALT要素の詰め込みすぎがありますよ!


補足ですが、検索エンジンは、

・上段の30キーワードが、最重要キーワードとして認識されます。
・そして、中段はテキストが他にもあるかを、テキストマッチとしてチェックします。
・あと下段は、情報量が30キロバイト以上になると、あとは無視をして他へ行ってしまいます。

ここから導かれることを総合すると、

キーワードとサイト情報量のバランスを考えることがとても大切という事です。

キーワードの%と30キロバイト以内を両立することはバランス的に難しいですが、サイト内容を正確にロボットに読み取ってもらうためにも、計算して調整していきましょう。


 ページランクのシステム

ページランクとは、Googleの被リンク評価システムを、10段階に格付けした数値表です。

この被リンク評価システムはGoogle特有の評価システムで、どれだけ重要度の高いサイトから、多くリンクをもらっているか?で評価されます。

この数値が高いほど、Googleでの検索結果で、上位表示がされやすくなります。
Googleで上位を狙うサイトは、このページランクを引き上げるために、どんどんと良質なリンクを増やさなくてはなりません。

地味ですが、コツコツとがんばりましょう。

10段階に格付けした数値表は

で誰でも簡単に見ることができますよ。

また、最近はホームページやブログの中に、Googleのページランクを表示させる便利なものもあります。
それは無料で使えるページランク表示サービス【ページランカー】
seo的にも便利な使えるツールだし、いいサイトアピールにもつながるのでおすすめです。


で、そのページランク上昇の方法ですが、闇雲にページランクの高いサイトからリンクをもらえばいいというわけではありません。

ページランクが高くても、外リンクが100以上と多量に張られているトップページの場合は、リンクの重要度が薄まってしまい、ページランクにあまり反映されません。
そして、ページランクが低くても、そのサイトのトップページが高ければ、将来的に上がる可能性が高いページもあります。

ちゃんと考慮しながら相互リンクする必要があります。

ちなみに、ページランクが5だとかなりの上リンクです。4はまあまあ、3〜1は普通くらいです。サイト開設の時点では、みんなページランク0です。これは反映されるのに3ヶ月くらいの期間があります。それまでに一生懸命がんばってリンクしていけば、ページランク3〜4にはなっているものと思います。

ページランクが上がったときはかなり嬉しいですよ。



  上にもどる  





Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。