HOME - 世界恐慌(暗黒の木曜日) -株式の歴史的事件- / 内職お小遣い稼ぎサイト

株式の歴史|未曾有の恐慌に資本主義先進国は例外なくダメージを受けた。世界恐慌は株の歴史において忘れられない大下落です。

株式入門TOP | 株式の注目テーマ |   現在地株式の歴史現在地 1、世界恐慌(暗黒の木曜日)


 お金、節約などに関する雑学などいろいろな情報
 株式の歴史的事件

▼1、世界恐慌(暗黒の木曜日)

▼2、バブル経済のスタート

▼3、ブラックマンデー

▼4、バブル崩壊

▼5、9.11米国テロ事件

▼6、ジェイコム株大量誤発注事件

▼7、ライブドア・ショック

▼8、村上ファンド事件

▼9、サブプライム・ショック

▼10、原油高騰の影響

現在地 ▼1、世界恐慌(暗黒の木曜日)

世界恐慌(暗黒の木曜日)とは1929年10月24日にニューヨーク株式市場(ウォール街)で株価が大暴落したことに端を発した世界規模の恐慌です。

当時、アメリカは第一次世界大戦後、農業の機械化による過剰生産とヨーロッパの復興、相次ぐ異常気象から農業恐慌が発生。大戦の荒廃から回復していない各国の購買力も追いつかず、アメリカ国内の他生産が過剰になっていった。

アメリカの株式市場は1924年中頃から投機資金の流入によって長期上昇トレンドに入った。その後、市場はこの時から調整局面を迎え神経質な動きを見せていた。

そんな中、1929年10月24日10時25分、ゼネラルモーターズの株価が80セント下落した。

コレをきっかけとして、11時頃までに売り一色となり、株価は大暴落した。投機業者で自殺したものはこの日だけで11人に及んだ。のちに「暗黒の木曜日(Black Thursday)」と呼ばれるようになった。

日本でも、大戦後、関東大震災、昭和金融恐慌、凶作と同時期であったため、世界恐慌により都会や農村部でも多大な経済被害を被った。




運営者

    


Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。