HOME - 買い注文の出し方 -株式入門-

簡単ですが、株の購入の仕方について説明しています。契約しているネット証券の口座からでも説明が載っています。

現在地株式入門TOP現在地 13、買い注文の出し方   | 株式の注目テーマ | 株式の歴史


 内職!目指せ不労所得で億万長者の悠々生活
 株式入門

株の基礎知識

ネット証券会社を選ぶ

株取り引きの流れ
└12、買う株を選ぶ
└13、買い注文の出し方 
└14、売り注文の出し方
└15、株のシミュレーション

株の税金について

株投資の基本戦術知識

財務諸表の読み方

株の情報と分析知識

株投資の実践戦術

現在地 13、買い注文の出し方

 買い注文の出し方

契約している証券会社でやりかたが書いてあると思いますが、ここでも簡単に買い注文について説明したいと思います。

1、まず口座に株投資の資金を振り込んでおきます。口座にお金がないと当然買えません。

2、
次に、自分の買いたい株が今どのくらいの値段で取引されているかしらべます。

購入価格は、現在値かける売買単位です。だからこの場合は46,151円で買えるという事です。


3、良さそうだったら注文画面で買いたい株の銘柄コードと市場を入力して、株の「気配値」を確認しつつ、コレだと思ったところで「指し値注文」か「成り行き注文」で購入します。

◆「気配値」とは、買いたい人と売りたい人の現在の注文状況の事です。

左表の真ん中が株価の値段。
左上が希望の値段で売りたい株数。
右下が希望の値段で買いたい株数。

両者がひしめき合い、ぶつかったときに初めて売買が成立することが出来ます。

すべてのネット証券では、この便利な「気配値」をリアルタイムで見ながら株価購入を検討することができます。

見ているだけでも楽しいですよ!

◆買い方には、自分の希望する株価を指定する「指し値注文」と、いくらでもいいという「成り行き注文」というのがあります。

・「指し値注文」は設定した買い値以下での売り注文がなければ、その株は買えません。その為約定には時間がかかったりします。注文には有効期間の設定ができます。

・「成り行き注文」は買い値を相場の成り行きにまかせる注文です。下手をすると想定以上の値段で約定してしまう事があります。成り行きは比較的すぐに確定します。

状況に応じて使い分けてください。



4、最後に「ご注文を受け付けました。」と画面に出るのでとりあえずは終了です。

5、最後に注文が確定すれば買いは終了です。

簡単でしょ^^

(ここではSBI証券の画面を利用させてもらっております)




運営者

    


Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。