HOME - 入湯税 -税金のお話-

みんなの憩いの場、温泉にも税金はかかっています。旅館であっても日帰り温泉であっても関係なく課税されます。

HOME>5、税金ってこんなに現在地 ▲6、入湯税


 お金、節約、雑学、内職などの情報

 税金ってこんなに

▲1、たばこ税

▲2、酒税

▲3、ガソリンの税

▲4、電源開発促進税

▲5、自動車関係の税

▲6、入湯税

▲7、消費税

▲8、アルバイトの税金

▲9、税金リンク

現在地 ▲6、入湯税

いや〜っつ、日帰り温泉っていいもんですよね〜。

500円位で大体利用できちゃいますもんね^^

けどこの身近な日帰り温泉にも税金はかかっているんです。知ってました?

徴収額は1人につき150円程度。

これを自治体に納めなくてはなりません。
用途は観光施設、消防施設、環境衛生施設、鉱泉源保護管理施設、その他道路補修など

そもそもこの入湯税、最初は旅館などの宿泊費の中から150円を納めてもらうということではじまったのですが、融通が利かないことに日帰りの温泉施設にもかかる事になってしまったのです。

コレにより、町の入浴センター約500円位の中からぶんどる形になっているのです。

こういうのって早急に改善しなきゃいけないんじゃないの?

早く無税にしようよ!


    


Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。