HOME - 「オープン価格」って? -日本ビジネス雑学-

どこのカタログ見ても「オープン価格」。これってほんとに消費者にとって便利なことなの?考えてみよう。

HOME>10、ビジネス雑学集現在地 ※9、「オープン価格」って?


 ビジネス関係の雑学情報

 ビジネス雑学集

※1、キッチンカーは誰が?

※2、点滴バーがあるらしい。

※3、100円ショップは成り立つの?

※4、温暖化で生まれる仕事?

※5、アメリカ経済主役のワケ

※6、デパートの食品はなぜ地下?

※7、2000円札不人気のワケ

※8、株にも旬がある。

※9、「オープン価格」って?

※10、国の「開発魚」ってなに?

現在地 ※9、「オープン価格」って?

電化製品のパンフレットを貰ってくるとよく「オープン価格」って価格のところに書いているけど一体なんなんだろう?

そもそも「オープン価格」って必要なの?

だって物凄く分かりづらいから。

そこでチョットどうしてオープン価格なのか探ってみよう!

まず前提として、価格は市場の競争で決められていくものなのに、メーカーがはじめから価格を設定すると何かと問題があるらしいのだ。

公正取引委員会がいうには・・・。

店頭で希望小売価格から「何割引」と表示すると消費者がお得だと勘違いしたりして公平性にかけるらしく、それを防ぐためのものらしい。

また"定価から○割引き"と表示されないので、メーカーにはブランドイメージの低下防止、小売店には売価を自由に設定できるメリットが生じる。

ということらしい。

けどこれって店頭に客がいること前提で考えてないか?

カタログを見ながら他社間の商品を価格で選ぶ基準というか、楽しみがぜんぜん出来ないじゃないか!

正直、一消費者からいわせてもらえば、元に戻して欲しい。

みんなはどう?


    


Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。