HOME - 国の「開発魚」ってなに? -日本ビジネス雑学-

内職お小遣い稼ぎサイト!魚が知らないうちに違ったものと変わってる。国が開発してきた「開発魚」。消費者は知らされていたかな?

HOME>10、ビジネス雑学集現在地 ※10、国の「開発魚」ってなに?


 ビジネス関係の雑学情報

 ビジネス雑学集

※1、キッチンカーは誰が?

※2、点滴バーがあるらしい。

※3、100円ショップは成り立つの?

※4、温暖化で生まれる仕事?

※5、アメリカ経済主役のワケ

※6、デパートの食品はなぜ地下?

※7、2000円札不人気のワケ

※8、株にも旬がある。

※9、「オープン価格」って?

※10、国の「開発魚」ってなに?

現在地 ※10、国の「開発魚」ってなに?

国が研究してきた「開発魚」っていうやつがいるらしい。

それは日本の年々漁獲量が減少している現状を打破するための、お魚自給率計画回復の隠しダマだそうだ。

チョット焦点を当ててみよう。

まず「開発魚」とは、存在は明らかになっていたものの、今まで食用にされてこなかった魚のことです。

例えば、海外で獲れるカラスガレイや、ギンダラ、味や食感がマグロ類によく似ているガストロやアカマンボウなどなど。いままで見たこともない魚も多いらしい。

現状、スーパーや回転寿司でも開発魚はすでに本家の代用として活用されているようです。

けど購入者側は正式名を不表示された状態で買わされています。

コレって問題では?

切り身だけ見ては絶対わからない。

みなさんは本当の魚の形を知った時、今までのように普通に食べる事が出来るだろうか?


    


Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。