HOME>アフィリエイトHP作成⇒ 8、テーマのライバルサイトの偵察
同じジャンルの検索上位サイトを勉強する事はとても大事です。そこには検索上位になるためのテクニックが隠されているのですから!
内職お小遣い稼ぎサイト サイトマップ ABOUT リンク集 掲示板 MAIL

HOME アフィリエイトHP作成支援>8、テーマのライバルサイトの偵察

12345678910111213141516
1718192021222324252627書籍


 アフィリエイトができる内職お小遣い稼ぎ用のホームページ作成支援


  現在地 8、テーマのライバルサイトの偵察  



 ライバルサイトにお邪魔しま〜す。

じゃあ、早速おじゃましましょうか!
これからテーマのライバルになるサイトのところへ!!

早速、狙うべきキーワードのYahooGoogleの上位10位を見学しましょう。

さすが上位10位!
なかなかの出来栄えのはずです。
まずはさら〜と見てみましょう!

見学の見るべき点は、
・内容の充実度
・デザイン
・見る人に対して丁寧か?
・サイトが重くないか?
です。

お小遣い稼ぎ用ホームページの第一印象はやっぱり大事です!
せっかくお客さんが来てくれても、なんだこりゃ?と思われてすぐに去られても悲しいです。
しっかりいろんなサイトを見て、勉強して、自分のセンスを磨きましょう。



 なめ回せ!レントゲンのように!!

ちょっと・・・。
今度はライバルサイトの身体の中をみてみましょうか・・・。
え!?って思わないで下さい!
実際、これがスパイ活動の一番大事な部分なんですから。

なぜかというと、検索で上位に表示されているサイトの作りを理解するといういう事は、検索エンジンの特性を理解することに繋がります。

上位表示されているサイトは、その特性を理解したからこそ上位なのです。

私たちも、そのサイトたちの検索エンジンに評価されやすいサイトの作り方の、良いところは貪欲に奪い取っていかなければなりません。
ネットの社会も弱肉強食なのですから!

では、見てみましょう・・・。((((o@ ̄∇ ̄@)o)))ドキドキ


そこで見るべき点は、


■1、検索キーワードがサイトの何%を占めているか?

検索キーワードが、サイト内に多く表示されていると上位表示されやすいんです。
それらを調べるためには、キーワード出現頻度解析を使うと簡単にわかります。
早速ライバルページのアドレスを入力して調べてみましょう。

キーワード出現頻度解析

このツールは、調べたいサイトのアドレスを入力すると、サイト活用語句のパーセンテージと活用数が見られるんです。

しかし、詰め込み過ぎはかえってマイナス効果になります。

活用語句のパーセンテージは、5%前後が良いという説と、10%、4%前後が良いという説があります。※活用語句が多いと、検索エンジンからスパム(反則)扱いを受けて、降格や表示削除されます。実際に私は、6.5%位でスパム判定されました。。。

バランスを調整することが必要となってきます。


■2、キーワードの強さを確認する。

サイト内で、どのキーワードにどれだけのアピール効果があるかを確認してみましょう。
下で紹介するSu-Jineでは、キーワードの強さを簡単に調べられるツールがありますので使わせてもらって調べてみましょう。


■3、サイト名が検索語句と関連しているか?

検索語句がサイト名に入っていると検索エンジンが重要視してくれます。)かなり効果大です。


■4、リンクが検索語句と関連しているか?

キーワードがリンクに入っていると、検索エンジンは重要視してくれます。


■5、リンクの多さ

リンクの数は、内部&外部100以上だと、リンクの重要度が薄まる。少なく抑えた方が効果が上がる。


■6、indexページ(トップページ)以外のページが、indexページと同じ階層にあるかないか?

(トップページ以外のページは、フォルダに入れて、1つ下の階層に置く事によって、トップページと同じ階層のhtmlファイルを減らすことか出来ます。すると、トップページをより強調する効果があり、検索に有利に働きます。)

見方は、アドレスが
http://○○○○○.××.△△/や
http://○○○○○.××.△△/index.htmlの場合、
http://○○○○○.××.△△/☆☆/〜.htmlなどの様に、
/がもう一つあるかないかで分かります。


■7、文字の大きさ(大きいほど重要視してくれるらしい・・・?)私は実感できませんでした。が、極端に小さくしすぎるとスパム扱いになります。


■8、文字の強調表示、strongやemの活用。これらを使うと、検索エンジンが重要視してくれる。※strongの活用は、2〜3が適正。それ以上だとスパム扱いされます。


■9、サイトの重さ(検索エンジンは30キロバイト以上だと、それ以降を見ないで、他へ行ってしまうらしいです。


■10、<h1>タグにキーワードに入れる。これはかなり効果大です。


■11、<h2>〜<h3>タグにキーワードに入れる。これは効果中です。


■12、<h4>〜<h6>タグにキーワードに入れる。これは効果ほとんどない?と思います・・・。ちょっとはあるのかな?管理人はほとんど実感が無いです。


他にも検索エンジンの評価ルールが多々あると思います。それもYahooとGoogleでは求めているものが違います。私は現状でここまでしかわかんないです。

7〜12は、サイト上で右クリックで「ソースの表示」で詳しく設計図内容が見れます。見れないサイトもありますけど・・・。

HTMLの知識があれば、ライバルサイトがどんな工夫をしているかがもっと良くわかると思いますよ。

HTMLの勉強は「とほほのwww入門」や「初めてのホームページ講座」や「ごく簡単なHTMLの説明」などに行けば知る事が出来ます。
また、本格的にじっくり知りたい場合は、こんな専門書がありますよ。



 帰宅。

どうでしたか?ライバルサイトの内容は!
ライバルサイトの検索エンジン対策は?
凄かったでしょう!?ビックリですよね?ビックリ!!

けど何となくわかったんじゃないでしょうか?
どのようなサイトの作り方をすれば、上位表示が実現できるかを!
ライバルは良い意味で、良い先生なんです。

いいところは参考にさせてもらいまして、
わたし達もがんばりましょ!!

ファイトー!!┗(  ̄◇ ̄)乂( ̄皿 ̄ )bイッパ〜ツ!!




  上にもどる  








  
Since 2007/01/27 Copyright (C) 『お小遣い稼ぎサイト』 ネットでクチコミ評価 All Rights Reserved
【免責】当内職お小遣い稼ぎHPの内容は全て安全にご利用できるものばかりですが、各ネットサービスへのご登録は、慎重に利用規約、F&Qなどをよくご確認の上、各自の責任をもってご利用は下さいますよう願います。尚、当方では責任を負いかねますのでどうかご了承ください。